世界初3Dプリントホームによるコミュニティ

——-blog——-
災害の多い日本市場に合うのかという問題等はあるかと思いますが、3Dプリントの技術で注目されていたICONは、世界初の3Dプリンタで建築された村を完成しています。諸事情により家をのない方や、1日約3ドルの所得者層向けという位置づけされ構築された世界初のコミュニティプロジェクト。建設に費やす時間は、24時間以内で人工(にんく)も掛からず、需要の増加により、建設コストの目安としまして、3Dプリント技術で、約4,000ドルで600〜800㎡(平方フィート)の3Dプリント住宅を24時間で建築。日本円で約60万円で1棟建設可能で、(確か以前は1棟約100万円前後だったような・・・棟数によるのか・・・)。 削除したサイトを引き継ぎ本サイト過去の記事よりアメリカ合衆国テキサス州オースティンのスタートアップICONは、初の商業建設用3Dプリンタ「Vulcan II」の発売を開始予定。ICONはNPO法人New Story(ニューストーリー)と協力して建築用3Dプリンタ「Vulcan」を使用した安価な3Dプリント住宅の建築開発実績を重ね、「Vulcan」の後継バージョン「Vulcan II」販売予定。削除したサイトの記事はどこかで吸われているかと・・・(-_-)

以前の記事より:3Dプリントハウスやエコカプセルホーム

New Story + ICON + Échale | “3D Printed Housing for Those Who Need It Most”

New Story, ICON, and Échale have completed the first two printed homes in the world’s first 3D printed community in Mexico. 

The 3D printed homes feature two bedrooms, a living room, kitchen and bath. Co-designed with feedback from the families who will live in them, the homes have been created to meet the specific needs of the community. Resting within a seismic zone, the community and its homes were engineered above the standard safety requirements including robust foundations to ensure the homes will last for generations.  

Introducing ICON

ICON is a construction technologies company dedicated to revolutionizing homebuilding and making dignified housing the standard for people throughout the world. Using proprietary 3D printing robotics, software and advanced materials, ICON is solving a plurality of problems in the contemporary building industry with breakthrough technologies.