cssはSassへ…

cssはsassへ…

ノンプログラマーで、無知が故にいろいろと夜な夜な本業のコア事業不動産事業後Webの世界であれこれ。
無知が故に、少人数で、何とかいろいろと本業のコア事業不動産事業以外でも、Webの可能性は0では無くなったと感じ、まだまだ、やることが多すぎて(+_+)

ちなみにCSSに関してのカラーコードに関しましては、マテリアルデザインサンプルテーマコードで書いた、material.ioなどがhtmlのカラーコードが豊富で分かりやすいような気がします。

正直CSSとSassのどちらが良いのかということはわかりませんが、さまざまな環境によるかもしれないですし、もちろんもっと良い技術があると思いますが、いろいろなテストツールで試してみましたら、Sassの方が、スコア的には良かったです。ちにみに、Sassは、スタイルシートのSyntactically Awesome Style Sheetsの略みたいです。

とりあえず、何もわからないまま、いろいろとやっていると、おもしろいかもです。

Sass公式サイト

詳しくは、Sass公式サイトより、一部参照引用させて頂きます。

CSS with superpowers

Sass is the most mature, stable, and powerful professional grade CSS extension language in the world.

Variables
Think of variables as a way to store information that you want to reuse throughout your stylesheet. You can store things like colors, font stacks, or any CSS value you think you’ll want to reuse. Sass uses the $ symbol to make something a variable. Here’s an example:

SCSS
$font-stack:    Helvetica, sans-serif;
$primary-color: #333;
body {
font: 100% $font-stack;
color: $primary-color;
}
Sass
$font-stack:    Helvetica, sans-serif
$primary-color: #333
body
font: 100% $font-stack
color: $primary-color
CSS
body {
font: 100% Helvetica, sans-serif;
color: #333;
}

When the Sass is processed, it takes the variables we define for the $font-stack and $primary-color and outputs normal CSS with our variable values placed in the CSS. This can be extremely powerful when working with brand colors and keeping them consistent throughout the site.

このような感じで、いろいろと書いてあります。

ざっくりとですが、ご興味のある方は、Sassの公式サイトのLearn Sassなどを見て試してみてください。
sass-lang.com/guide