不動産計測

不動産関係の計測

不動産業をしていると、主に使用されるのが、㎡(平方メートル)や坪数がメインになって来るかと思います。
しかし、稀に専門業の方やご年配の方からは、昔の用語尺貫法などを使用される方もいらっしゃるので、まとめておきます。

不動産関係計測まとめ

※一応、不動産の場合、小数点をどう処理するかなどございますので、「約」と付けさせていただきます。

1㎡(平方メートル)=縦1m(メートル)×横1m(メートル) これは皆さんもご存知かと存じます。

1坪=約3.305785㎡(平方メートル)

大体の計算ですが、坪数を求める場合、仮に100㎡だとした場合、坪数を求める場合、100㎡×0.3025=約30.25坪のように坪数を求めたりします。

逆に、平米数を求める場合は、例えば、縦180cm×200mは何平米でしょうか。
m(メートル)に変換して、1.8m(メートル)×2.0m(メートル)=約3.6㎡(平方メートル)
これは非常に簡単かと思います。倍にすればよいだけですので。

便利なアプリなどもありますが、基礎的な計算方法が自分でできないと、お客様に説明がつかないと思います。他の計算方法でも良いかと思いますが、当然結果は同じになるかと存じます。
この辺の算出方法、計算方法知らない人も多いようですので、わからない場合は、ご参考までに今後使ってください。さらに厳密な数値を求めるのでしたら、上記の1㎡(平方メートル)と1坪から厳密な数値を求めてください。尺度法は慣れないのですが、割と稀に使われる方がおります。

1寸(いっすん)=約3.03cm(センチメートル)

1尺(いっしゃく)=約30.303cm(センチメートル)

1間(いっけん)=約1.818m(メートル)

1反(いったん)=約991.73㎡(平方メートル)

1ha(ヘクタール)=約10,000㎡(平方メートル)

などなど・・・寸、尺、間、歩、反は、度々使われる方がおります。
さらに詳しく知りたい方は、計量法という法律もございます。

ちなみに和室の場合、畳も江戸間、京間、中京間などがあったりしますので。オリジナルの畳もありますので、その際は、メーカーさんの算出方法になるかと存じます。

計量法
(平成四年法律第五十一号)
施行日: 平成二十八年四月一日
最終更新: 平成二十六年六月十三日公布(平成二十六年法律第六十九号)改正
計量法

タイトルとURLをコピーしました