不動産近隣取引事例価格の調べ方

不動産近隣取引事例価格をインストールする方法

日本の不動産システムは非常に遅れているように感じます。

オープンソースとして出すことに関しましては、一部の情報等に関しましては、大切な日本の領土である国土を完全にオープンにして良いのかと思いますが、あまりにも日本の不動産システムは、閉鎖的であるこという多くのご意見は理解でき、事実だと感じることは多々あります。不動産会社(宅地建物取引業者)のみしか閲覧できないレインズ(reins)というサイトは実際にあります。レインズ(reins)は、宅地建物取引業法が根拠となり、国土交通省国土交通大臣により指定された指定流通機構による物件流通サイトで、不動産会社(宅地建物取引業者)が閲覧できる物件流通サイトで、一般の方は閲覧ができない。ちなみに指定流通機構は、公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)、公益社団法人近畿圏不動産流通機構(近畿レインズ)、公益社団法人中部圏不動産流通機構(中部レインズ)、公益社団法人西日本不動産流通機構(西日本レインズ)によって構成されています。

しかし、一般の方でも実際の近隣不動産取引価格、実勢取引価格を見ることは可能です。但し、情報は少ないように感じますが。
ちなみに、国土交通省公式の不動産取引価格情報というサイトです。過去に実際に不動産がいくらで不動産売買取引されたかを閲覧することができ、都道府県及び市区町村を選択の上、取引時点ごとに不動産取引価格情報のダウンロードするkとができます。

これを例えば何かのマップのGISサービスを1層2層、3層と何層かに乗っけていけば、不動産取引事例マップみたいなものができるかと思います。国土交通省公式土地総合情報システム、不動産取引価格情報ダウンロード公式サイトの公式リンクを貼り付けます。ちなみに国土交通大臣指定公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)運営のレインズタワー(REINS TOWER)というサイトなどからもいろいろなデータをインストールやダウンロードできます。

なぜ、情報をオープンにするのかと言いますと、公的機関が情報を公開しているということと、公的機関、特に省庁が指定している団体が情報を公開しているということは前提ですが、このデータだけ、Webサービスを制作している方もいると思いますが、本当に不動産は非常に奥が深く、調査関係も複雑な場合も多いので、指標にしかすぎませんので。APIなどに余計なコストを掛けないで、国土地理院地図などを利用されても良いかと思いますが、1年程前に確認した時には、営利目的での公開はできないと言われたのですが、自分専用の不動産調査マップみたいなものは制作できるとは思います。
利用規約がありますので、参照引用させて頂きます。

不動産取引価格情報ダウンロードサービス利用約款
第1条 定義
本利用約款で示す不動産取引価格情報ダウンロードサービス(以下、「本サービス」という。)とは、国土交通省が保有する不動産取引価格情報をインターネット上で提供しているサービスをいいます。
第2条 サービスの利用
(1)本サービスは無償で利用できます。ただし、本サービスを利用するための通信費等の費用は、利用者の負担となります。
(2)本サービスを利用する際には、必ず始めに本利用約款及び不動産取引価格情報利用約款を十分にお読みください。本利用約款及び不動産取引価格情報利用約款に同意された方のみ本サービスを利用できます。
(3)本サービスを利用した場合、国土交通省は、利用者が本利用約款及び不動産取引価格情報利用約款に同意したものとみなします。
第3条 免責
本サービスの利用目的及び利用方法については、利用者の判断と責任に委ねられており、国土交通省は一切関与いたしません。事由の如何を問わず、本サービスを利用することにより生じた利用者又は第三者の損害については、利用者がその全ての責任を負うものとし、国土交通省は一切の責任を負いません。
第4条 その他
(1)本サービスは、予告なしに内容を変更、削除したり、メンテナンス等のため、運用の停止、休止又は中止をする場合があります。
(2)本利用約款で示す本サービスの利用に関しては、日本法及び本利用約款に準拠するものとします。
(3)本利用約款は、予告なしに内容を変更する場合があります。

不動産取引価格情報利用約款
第1条 定義
本利用約款で示す不動産取引価格情報とは、国土交通省が保有し提供する不動産取引価格情報をいいます。
第2条 利用上の注意
(1)不動産取引価格情報は、対象地域で行われた土地・建物の取引を対象としたアンケート調査の結果得られた回答について、物件の詳しい所在を特定できないよう加工したものです。
土地・建物は何れも固有の性質(立地、接道状況、面積、用途等)を持っているため、その取引は、その対象となった土地・建物の固有の性質を反映して、それぞれ異なった性格を持っています。また、実現した取引価格は、取引当事者の様々な事情(売り急ぎ、買い急ぎ等)を反映して通常の取引の場合とは異なるものになることがあります。
利用者は以上の点を十分留意の上ご利用ください。また、利用者の利用目的に適合しているとは限りませんので、利用者は自らの責任でご自身の利用目的に適合しているかどうかをご判断ください。
(2)各取引時点の不動産取引価格情報については、今後もデータ数が追加される可能性があります。特に公表されている最新の取引時点については、次の公表以降大きくデータ数が追加されることがあるのでご注意ください。
(3)不動産取引価格情報およびそれを利用者が編集・加工して作成した成果物を他に転載、引用等する場合は、利用者は「不動産取引価格情報 国土交通省」のように出典を明記してください。また、編集・加工した場合には編集・加工責任者等の情報についても、できる限り併記してください。
第3条 不動産取引価格情報の利用
(1)不動産取引価格情報は無償で利用できます。ただし、不動産取引価格情報を利用するための通信費等の費用は、利用者の負担となります。
(2)不動産取引価格情報を利用する際には、必ず始めに本利用約款を十分にお読みください。本利用約款に同意された方のみ不動産取引価格情報を利用できます。
(3)不動産取引価格情報を利用した場合、国土交通省は、利用者が本利用約款に同意したものとみなします
第3条 免責
不動産取引価格情報の利用目的及び利用方法については、利用者の判断と責任に委ねられており、国土交通省は一切関与いたしません。事由の如何を問わず、不動産取引価格情報を利用することにより生じた利用者又は第三者の損害については、利用者がその全ての責任を負うものとし、国土交通省は一切の責任を負いません。
第4条 その他
(1)不動産取引価格情報は、予告なしに内容を変更、削除する場合があります。
(2)本利用約款で示す不動産取引価格情報の利用に関しては、日本法及び本利用約款に準拠するものとします。
(3)本利用約款は、予告なしに内容を変更する場合があります。

国土交通省公式不動産取引価格情報ダウンロードサイト
land.mlit.go.jp/webland/download.html
国土交通省公式土地総合情報システムサイト
land.mlit.go.jp/webland
国土交通大臣指定公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)運営のレインズタワー(REINS TOWER)レインズデータライブラリー
reins.or.jp/library

不動産売却依頼・不動産買取依頼

不動産売却のご依頼(一戸建て・マンション・土地・相続・相続対策・1棟アパート・1棟ビル・1棟マンション)や、不動産買い取り査定のご依頼は、下記メールアドレスまたはフォームよりご依頼くださいませ。
自社不動産買い取り実績有
賃貸不動産管理・商業用賃貸不動産管理委託(1棟アパート管理・1棟マンション管理・月極駐車場管理・コインパーキング・シェアハウス・コワーキングスペース・賃貸倉庫・賃貸工場など)等のご相談も承ります。
PMプロパティマネジメント(Property Management)
AMアセットマネジメント(Asset management)など
(注:エリアによりますのでお気軽にご相談下さいませ。)
お問合せ先メールアドレス
info@aike-home.com