岩盤規制と既得権益を開放した方が…

岩盤規制と既得権益を開放

データを見ていると、日本は、数値的には良く見えるようなデータトリックに陥ってしまっているように感じることがあります。

情報は常に操作されているように感じます。

このデータトリックは、非常に興味深いです。データを見ながら、実社会も見ていると、日本経済の実社会はもっと経済は良いはずです。もっと需要と供給のバランスから考えて、経済は良いはずです。しかし、データと実社会を見ていると、データと実社会が一致しません。仮にデータが正しいとなると、一部の人が大きな利益を得ていて、平均値を出しているということで理解できます。

Offensive Defense(オフェンシブディフェンス)という言葉の価値は、増しているように感じます。

技術的にも「攻め」=「攻め」、「守り」=「守り」という概念が、固定概念化しているように感じます。最先端の技術を求め、肝心な守りがまったくなっていないという感じであったり。Offensive Defense(オフェンシブディフェンス)は、「攻め」=「攻め」、「守り」=「攻め」。攻めも守りも攻めという認識でなければいけないにも関わらず、「攻め」=「攻め」、「守り」=「守り」という概念の固定化から解放されていないように感じます。

なぜ、顧客情報やデータを入手しながら、顧客情報やデータ、プライバシーの漏洩になるのか。Offensive Defense(オフェンシブディフェンス)は、非常に大切だと考えます。技術も何もない小さな企業ですが、大切なことは、基本とベースシステムの技術だと考えます。

日本のデータを見ていると、データの専門家ではないのですが、日本の岩盤規制や既得権益は、既得権益を守ろうという行動をとっているように見えますが、日本の既得権益保有者は、海外のさらに強い既得権益保有者や新興勢力などについていけていないようになっているように感じます。

日本の既得権益を保有しているところは、既得権益を守り抜けるのかという疑問があります。

大切な日本の領土である国土に関する記事や空き家バンクエリアで明暗か…空き家増加??しかし実際は買えない…など、いろいろな記事を書いておりますので、ご興味のある方はご覧くださいませ。

日本のデータだけを見るのではなく、海外のオープンデータも見ることをお勧めします。
また、とある個人や組織、団体、もっと広く言えば、国や政府などが発信する情報や公開データを出している場合、まずは反体勢力の情報やデータを見て、中立的な情報を見て、できるだけ多くの公開されているデータを見ることをオススメします。
何よりも、個人であれば、物理的に身体は1つですが、できる限りいろいろな人の実社会の生活を見ることも大切です。特殊な技術や特殊なプログラムを開発できるに越したことはないと思いますが、特殊な技術や特殊なプログラムをいじれなくても、データや統計の信憑性やいろいろな背景が見えてくると思います。情報操作やデータトリックは毎秒毎秒行われているように感じます。世界を牽引していた日本は成長しているのか疑問のため。