法定相続情報証明制度

法定相続情報証明制度

相続を「争族」、不動産を「負動産」というような表現を目にする機会が多くなってきたように感じます。大切に残して頂いたご資産です。ある程度、法律で規定されているので、着地点はざっくりとですが見えているのではと感じたりします。

そこで法務局の法定相続情報証明制度をご紹介させて頂きます。

法務省公式サイトより一部引用と法務省公式サイトのリンクを貼り付けておきます。

法定相続情報証明制度

法務省公式サイトより一部引用と法務省公式サイトのリンクを貼り付けます。
(※法改正等により、内容が変更または削除される場合がございますので、予めご了承くださいませ。詳細は、適切な公的機関や国家資格保有者へ)

「法定相続情報証明制度」について
2017年(平成29年)5月29日(月)から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。
相続手続が簡単に
現在,相続手続では,お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を,相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があります。
法定相続情報証明制度は,登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出していただければ,登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付します。
その後の相続手続は,法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで,戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

法定相続情報証明制度の具体的な手続の流れ、法定相続情報証明制度について、法定相続情報証明制度に必要な書類等の参考資料も用意されております。
moj.go.jp/MINJI/minji05_00284.html