グーグルマップで簡単にリアルタイム混雑状況を調べる方法…

新型コロナウィルスにより不要不急の外出自粛ということではあります。また緊急事態宣言等の情報により、行動分析。

一応、携帯端末等の位置情報をON設定の端末により、ユーザーの行動分析や混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間等が把握できてしまうかと。
Google Maps(グーグルマップ)で簡単に混雑状況がわかってしまうという感じです。

Google COVID-19 Community Mobility Reports(グーグル コミュニティ・モビリティ・リポート)の内容を公表。


google.com/covid19/mobility

・混雑する時間帯のグラフ: お客様の店舗の通常の混雑状況が 1 日の時間帯別に表示されます。過去数週間に渡る平均の混雑度に基づいています。週の平均的なピーク時の混雑度と比較して、指定した時間帯の混雑度が表示されます。たとえば下記の画像では、木曜日の午後 6~7 時は 1 週間で特に混み合う時間帯であることがわかります。

・ライブ(現在の訪問情報): お客様の店舗の現在の混雑状況が表示されます。現在の訪問情報はリアルタイムで更新され、混雑する時間帯のグラフに重ねて表示されます。たとえば下記の画像では、お客様の店舗の通常の混雑状況と比較した、現在の混雑状況がグラフでハイライト表示されています。
滞在時間: ユーザーがお客様の店舗で過ごす平均時間が表示されます。過去数週間にわたる訪問データのパターンに基づいています。

・推定待ち時間: ユーザーがサービスを受けられるまでの待ち時間が 1 日の時間帯別に表示されるほか、曜日ごとのピーク時の待ち時間も確認できます。過去数週間に渡る訪問データのパターンに基づいており、業種によって待ち時間の種類が異なります。たとえば、着席形式のレストランの場合は、着席するまでの待ち時間を表します。一方、スーパーの場合は、商品購入までの待ち時間を表します。

Live Busyness screenshot
support.google.com/business/answer/6263531