インバウンド訪日外国人観光客国別ランキング

インバウンド(Inbound)訪日外国人観光客公表データ

JNTO日本政府観光局(Japan National Tourism Organization)の公式サイトで公開されているインバウンド(Inbound)訪日外国人観光客は、2018年度は、過去最高を更新して、約3119万人2000人に。

JNTO日本政府観光局(Japan National Tourism Organization)が現時点で公開されている2019年度のインバウンド(Inbound)訪日外国人観光客は、2019年1月~4月までのインバウンド(Inbound)訪日外国人観光客は、総数推計値で、10,980,500で、伸率は、4.4%。
2019年4月のインバウンド(Inbound)訪日外国人観光客の総数推計値は、2,926,700で、伸率は、0.9%となっています。

日本のインバウンド(Inbound)訪日外国人観光客国別ランキング

2019年4月訪日外客数(JNTO推計値)をJNTO日本政府観光局(Japan National Tourism Organization)の公式サイト資料より一部参照引用させて頂きます。公式資料のリンクも貼り付けさせて頂きます。

国・地域Country/Area2018年4月総数2019年4月総数伸率(%)
総数Grand Total2,900,7182,926,7000.9
韓国South Korea638,523566,600-11.3
中国China683,377726,1006.3
台湾Taiwan470,042403,500-14.2
香港Hong Kong179,930194,8008.3
タイThailand148,647164,80010.9
シンガポールSingapore37,60536,700-2.4
マレーシアMalaysia49,21246,100-6.3
インドネシアIndonesia43,10339,800-7.7
フィリピンPhilippines63,89369,3008.5
ベトナムVietnam50,29955,3009.9
インドIndia17,71318,4003.9
豪州Australia57,43270,50022.8
米国U.S.A.147,028170,20015.8
カナダCanada34,25538,90013.6
英国United Kingdom36,18544,50023.0
フランスFrance44,04746,0004.4
ドイツGermany22,11227,80025.7
イタリアItaly17,76224,10035.7
ロシアRussia12,37513,80011.5
スペインSpain9,20713,90051.0
その他Others137,971155,60012.8

◆注1:本資料を引用される際は、出典名を「日本政府観光局(JNTO)」と明示してください。
◆注2:訪日外客数(訪日外国人旅行者数)は、法務省の出入国管理統計からJNTOが独自に算出した数値である。
◆注3:2018年の数値は暫定値、2019年の数値は推計値である。
◆注4:訪日外客とは、国籍に基づく法務省集計による外国人正規入国者から、日本を主たる居住国とする永住者等の外国人を除き、これに外国人一時上陸客等を加えた入国外国人旅行者のことである。駐在員やその家族、留学生等の入国者・再入国者は訪日外客に含まれる。なお、上記の訪日外客数には乗員上陸数は含まれない。

資料は、JNTO日本政府観光局(Japan National Tourism Organization)公式公表資料、国籍/月別 訪日外客数(2003年~2019年)訪日外客数(年表)より一部参照引用。
jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf【PDF】

日本のインバウンド増加は誇れるのか…

上記データは、2019年4月訪日外客数(JNTO推計値)のみを取り出しましたので、さらに資料などによるデータ統計による調査や分析、それ以外にも経済情勢や他のいろいろな要因があるかと思いますので、一概には何とも言えませんが、一意見と致しましては、インバウンド(Inbound)訪日外国人観光客の多いリゾート地や観光地は、世界経済をけん引しているという国であるケースはあまり多くないように感じ、どちらかと言えば、経済的に発展途上という国が多いように感じ、その国の経済情勢に依存をするこのではなく、観光業に依存する場合が多いように感じるので、一意見としましては、インバウンド(Inbound)訪日外国人観光客により日本経済の活性化になっていることは否めないかもしれないという推測はできますが、一方で、かつてのデータでは、日本に来日されていた海外の方は、日本が経済大国2位であったために、ビジネスを理由に来日されていた海外の方が多かったように感じるので、インバウンド(Inbound)訪日外国人観光客により、経済の活性化に繋がっている可能性はあるとは思いますが、少し冷静に見ているという感じです。