IRと政治と日本経済と日本の国土

——–blog ——–
前置きとしまして、批判ではなく、生産性のある良い方向へのディスカッションの機会になればと考え、バックエンドで回していたものを少しアップデートされた情報を加えてオープンにさせて頂きます。

以前「日本という国名の海外に住むことに…」ということを危惧し。一応、日本の不動産業者、不動産会社(宅地建物取引業者)は、国土交通省管轄下で、宅地建物取引業法という法律に根拠があるという感じです。

IR統合型リゾート施設に関しまして、東京地検特捜部が動いている事案で、結論などは未だですので、何とも言えませんが・・・。

日本という国名の海外に住むことに…

以前の記事より横浜市IR統合型リゾートパブリックコメントに関しまして、横浜市公式ウェブサイトになりますが、IR統合型リゾート(Integrated Resort)に関しましてですが、IR(統合型リゾート)、MICE(マイス)、横浜市役所公式ウェブサイト、e-Gov(イーガブ)パブリックコメント、首相官邸特定複合観光施設区域整備推進本部事務局公式ウェブサイト、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律などに関しまして、情報を掲載しております。ご興味がございましたらご参考にと。
横浜IR統合型リゾートパブリックコメントなど…

批判ではないです。パブリックデータは、オープンで自由にそして簡単に一般市民である国民が閲覧できるべきだと考えます。

この北海道ニセコの取材記事は非常に良いのですが、サンケイグループやホールディングス、投資法人の実態については・・・。但し某日本法人(これは古くある営利組織と表現しておきます)と比較すると・・・。データと実際の現地確認という事実に基ついて、日本経済新聞の公式ツイッター(Twitter)にリンク。


The Linked Open Data Cloud。

タイトルとURLをコピーしました