医療データベース

医療データベース

医療データベースを活用する。

わたしたちもそうですが、データサイエンス(data science)、データベース(database/db)を現時点では、うまく付き合い、活用しなければいけません。

当然、データサイエンス(data science)、データベース(database/db)が完璧であれば、いろいろとあるとは思いますし、現段階では、結局はあくまでも参考の一つで、実際に現場で働く方達の技術次第です。

しかし、オープンソースとして公開されているオープンデータ(open data)を見ないよりかは、見た方が良いように感じます。

データ(data)の信憑性はわかりませんし、当たり前のことですが、過去の実績や事実は事実かと。

当然ながら、わたしたちは医師やドクターではないので、もちろん医療業界という実際の現場のことは詳しくはわかりませんし、データや統計がざっくりしすぎたり(恐らく諸事情で…)、ウェブフック(webhook)されていなくて、リアルタイムにデータが(data)が反映されていないことが多い現状では多いということは否めませんが…。

公開されているデータは、わたしたちもよく見るのですが、本当に参考という感じです。

非常にわかりやすいところから、医療系のオープンデータ(open data)、データベース(database/db)を。

政府や良く知られている組織や団体のものを貼り付けておきます。あとは各分野でさまざまなデータ(data)や論文などがあるかと思いますので。

厚生労働省公開オープンデータ(open data)、オープンデータ(open data)。(注:URLドメインリンクは、政府統計総合統計窓口政府統計ポータルサイトe-Stat公式ですが、変更削除される場合がありますので、予めご了承くださいませ。)

医療施設調査
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/database?page=1&toukei=00450021&result_page=1

生命表
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/database?page=1&toukei=00450012&result_page=1

患者調査
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/database?page=1&toukei=00450022&result_page=1

WHO(世界保健機関/World Health Organization)
Health data and statistics Database
http://www.who.int/healthinfo/statistics/en/

Copyright iinop.com.All Rights Reserved.