日本のターニングポイント

日本の不動産業に限らないのですが、日本社会の大変革時期、日本のターニングポイントでは・・・。
“不平等な外的取引等”
本サイトの過去の記事や参考・・・。

不動産に関しましては、何度も書かせて頂いておりますが、大切な日本の領土である国土をお取り扱いをさせて頂く重要な仕事です。

しかし、無免許や無資格者の個人や企業、組織、団体等や、不動産業者でも、日本の不動産取引に必要な許認可や、不動産取引に必要な国家資格である宅地建物取引士を保有していなかったり・・・。わかりやすく書きますと、ある日、その辺を歩いている人に声を掛けて、不動産に関してまったく知識がなくても、その日にお客様に対して、大切な日本の領土で国土である不動産のセールスができてしまうという感じかと。。。当然、お客様もハイリスクです。

不動産は、そこまで簡単ではないです。常に勉強を必要とします。
それでも知識は足りないことも多いです。
不動産売買や賃貸に関係なく、不動産全体に関してです。
法改正は頻繁にあり、都市計画や建築基準法、日本の経済や世界の日々変動するマーケット等、常に変更や変動があるので、学ぶことが絶え間ないので、きりがないです。

日本の国土日本という国名の海外に住むことに…でも書かせて頂いております。そして、日本という国名の海外に住むことに…ということが非常に現実味を増しているような・・・。戦略による侵略みたいな・・・。

賛否両論あるとは思いますし、諸事情のある方もいらっしゃることも理解できます。しかし、何度かこのサイト内でも書いているように、根底には、大切な日本の領土である国土をお取り扱いをさせて頂いているという仕事ということがあります。

売り手側にも生活があることも理解はできます。人権など権利なども理解はできます。非常にシンプルなのですが、大切な日本の領土である国土を個人の利益や組織、団体のために、容易に不動産売買取引されて良いのかということです。

もちろん、日本が本当に好きで、日本国籍を取得しているというのであれば、日本人ですので良いとは思いますが、日本国籍を保有していない外国籍の個人や組織、団体などへ、容易に大切な日本の領土である国土を売却して良いのかということを日本国籍の方に考えて頂きたく、問いかけます。

無知や無関心という罪や、楽をして生活に大切なお金を取得しようとしている個人や企業、組織、団体等が多いように感じ、変な表現かもしれませんが、お金ならまだしも、大切な日本の国土である領土を宅地建物取引業法に基づかずに取引・・・。

本サイトに書いておりますが、弊社は、非常に当たり前の当然のことですが、不動産、物件情報に関しましては、非常にアナログですが、事実確認ができるものに関しましては、できる限りの事実確認をしている感じです。
(但し技術的に数値に誤差が生じる場合がありますとも記載しています。)

他の不動産業者(宅地建物取引業者)から弊社に、どこどこの物件について教えてほしい、という問い合わせやしつこい胡散臭いセールスが非常に多いです。
他の不動産業者には、現地に行って自分で確認をすれば済みますよね、と回答をしています。
弊社よりも、遥かに物件に近い不動産業者が、弊社に物件の詳細について聞く。
これは、ケースバイケースですが、非常に奇妙です。

奇妙な不動産取引増加か…というところにも書いています。

「なぜ」
「なぜ」
「なぜ」

とある企業等のいくつかの例。
A社:上司が部下に何も言えないような圧力を与え、何も言えないような空気感を作っていました。その企業は、そういった企業体制から部下は上司に何も言えないような状況のようでした。どこかの国家体制みたいになっていたので、当然風通しが悪く、部下は恐怖等から何も言えないため、優秀な人材は流出し、その企業は当然・・・どうなったでしょう・・・。

B社:B社社長の例です。B社社長は、結構オラオラ系で、自分1人ですべてが成り立っているような感じで、すべてが自分1人のおかげだと考えているような感じでした。人生の成長の過程によるとは思いますが、謙虚さが足りないように感じました。努力は非常に評価すべきですが、ちなみにB社社長は、他企業から仕事を請け負う下請け企業でした。

C社:C社の役職のある人は、給与ではなく、役職を好んでいました。C社の役職のある人の考え方からしますと、仮に役職のない社員が”自らの努力”で年収が1000億円の給与だとしまして、そのC社の役職のある人は、役職が好きなため、役職のない社員が”自らの努力”で年収が1000億円よりも年収数百万円や数千万円で、役職がある方を好むという非常に奇妙な考え方です。
そういう人に限って仕事ができないか、会社に守られていることにはまったく気づきません。
では、自分の力で起業すれば、社長なわけですので、大好きな役職が就くにも関わらず、なぜ起業しないのかさらに疑問で理解ができません。
・・・挙げればきりがないので、、、。

非常に悲しいことは、不動産に関して言えば、相続です。被相続人である大切な人がご存命の場合ですが、大切な人がご存命にも関わらず、その人は置き去りになり、すでに存在していないような感じになっていたり、すでに「争族」で財産争いをしたりしている場面を多く見ました。
自分で努力をして、汗水垂らして築き上げた資産や財産ではないにも関わらず、その被相続人の方をまったくフォローアップをしていなかったり、協力やお手伝いをしてこなかった人が、突如登場し、自分で努力をして、汗水垂らして築き上げていない資産や財産に絡んでくる人は、結構多いように感じます。
一生懸命、被相続人の方を大事にフォローアップし、協力している方は、そのような争いには、ほとんど参加はしないように感じます。
むしろ、被相続人の方のフォローアップやお手伝いや手助けに精一杯で、そのような「争族」に加わる余裕さえないように感じます。

こういった、現在の日本社会を生み出してしまったことに小さな小さな、非常に微力ですが、このままでは、次の日本を背負う子供達に渡すことができません。批判ならメールでいくらでも受けつけます。悲しき暇人たち。但し、それは、オープンで開かれ、平等で未来志向な議論であるべきです。

失敗やミスは誰にでもあり、失敗やミスをして成長するにも関わらず、失敗やミスをする機会さえ与えない。
人が嫌がることをしない。成長には、人が嫌がることや、失敗やミスなどから新たな良い製品やサービスは生まれたり、発明されたり成長をしませんか。
楽をして、良いところだけ見て、リスクは一切見ない方が多数派の場合は・・・。

日本をより良い社会にするために、”膿”を全部出すべきです。

これは海外の例です。少しバズった動画です。この人たちは、自由や権利が当たり前のようにあると考えていたとしましたら、学歴や職歴などに一切関係なく、正真正銘の馬鹿の可能性が高いと思われます。恐らくこの人たちは、民主主義の下、自由や権利が当たり前のようにあると考えていたとしましたら、恐らく選挙に行かない可能性が高いように思われます。日本もそういう考え方の人が多い可能性があることに危機感を感じたり・・・。気づいたときには、すでに手遅れということは、よくあったりします。

菅田将暉 『まちがいさがし』 菅田将暉 Official Channel