住宅ローン金利の推移

住宅ローン金利の推移

住宅ローン金利の推移のご参考です。

現在では、住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)以外で、各金融機関のさまざまな住宅ローン商品があります。

一般財団法人住宅金融普及協会の住宅ローンアドバイザー資格を保有している人は多いかと思いますが、国家資格ではないのですが、資料としまして参考になるかと存じます。一応大手不動産会社でしたら、一般財団法人住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザーの取得を推奨されるため、住宅ローンアドバイザー資格を保有されている方も多いかと存じます。

あとはいろいろな民間団体が多いです。

住宅ローン金利の種類

現在では、各金融機関のいろいろな住宅ローン、金融商品があります。

ご参考までに、住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)、一般財団法人住宅金融普及協会などの公式サイトのリンクを貼り付けさせて頂きます。一般財団法人住宅金融普及協会の資料は参考になるかと存じます。あとは、住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)の資料等です。

所謂バブル期と言われている日本経済が良い時期の住宅ローン金利は、いろいろな背景があったかと存じますが、住宅ローン金利は約9%位と参考値としましまして、出ております。参考です。登記簿謄本に金利は記載されます(登記簿謄本上の金利と実際の金利は異なる場合がございます)。

そこから金利は下がっているように見えるかと存じます。ちなみに、当然ではありますが、将来、未来予測不可能なことは、言ってはいけない。

住宅金融支援機構公式サイトフラット35 民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)参考資料より。
民間金融機関の住宅ローン金利推移

※ 主要都市銀行のHP等により集計した金利(中央値)を掲載。なお、変動金利は昭和59年以降、固定金利期間選択型(3年)の金利は平成7年以降、固定金利期間選択型(10年)の金利は平成9年以降のデータを掲載。
※ このグラフは過去の住宅ローン金利の推移を示したものであり、将来の金利動向を約束あるいは予測するものではありません。

参照:flat35.com/loan/atoz/06.html

国税庁
nta.go.jp
住宅金融支援機構公式サイト
jhf.go.jp
一般財団法人住宅金融普及協会
sumai-info.com

各種金融機関のさまざまな住宅ローン商品があるかと存じます。固定金利や変動金利、元利均等返済と元金均等返済でもさまざまなメリット、デメリットは当然ございます。

日本銀行の日銀短期プライムレート・長期プライムレート公表データ、アメリカ合衆国のFRBの動向などやUKのブレグジットなど、世界経済の動向等もご参考になるかと思い、過去に記事にさせて頂きました。

タイトルとURLをコピーしました