裁判所不動産判例-参考

当事者間契約の限界や自由と権利

不動産関連の裁判所判例の前に、日本の多くの法令などよりも日本の最高法規は日本国憲法。

日本国憲法第10章最高法規

第十章 最高法規
〔基本的人権の由来特質〕
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
〔憲法の最高性と条約及び国際法規の遵守〕
第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
〔憲法尊重擁護の義務〕
第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

一応、法務省日本法令外国語訳データベースシステムJapanese Law Translationより、日本国憲法の英語訳も引用させていただきます。
日本国憲法 The Constitution of Japan

第十章 最高法規
CHAPTER X. SUPREME LAW
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
Article 97. The fundamental human rights by this Constitution guaranteed to the people of Japan are fruits of the age-old struggle of man to be free; they have survived the many exacting tests for durability and are conferred upon this and future generations in trust, to be held for all time inviolate.
第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
Article 98. This Constitution shall be the supreme law of the nation and no law, ordinance, imperial rescript or other act of government, or part thereof, contrary to the provisions hereof, shall have legal force or validity.
日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
The treaties concluded by Japan and established laws of nations shall be faithfully observed.
第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
Article 99. The Emperor or the Regent as well as Ministers of State, members of the Diet, judges, and all other public officials have the obligation to respect and uphold this Constitution.

衆議院
法務省 The Japanese Law Translation Project at the Ministry of Justice

裁判所不動産関連判例

不動産関連の裁判所判例参考。
詳細は、裁判所、公正取引委員会、国土交通省、e-Govなどの公式サイト参照。
最高裁判所判例判決各項目は、一般財団法人不動産適正取引推進機構より一部参照引用。

最高裁判例一覧(2017.01.01更新)

最高裁判例判決各項目

取引態様等目次
意思表示等に関する判例
  • 意思能力/法人・社団
  • 代理
  • 錯誤/心裡留保
  • 虚偽表示
  • 詐欺/強迫
  • 詐害行為/背信的悪意
  • 信義則/権利濫用
  • 公序良俗違反/不法行為/不法原因給付
売買に関する判例
  • 契約の成立・対抗力・締結上の過失
  • 手付解除・履行の着手
  • 契約解除(履行遅滞・不能)/同時履行の抗弁
  • 契約解除(特約・違約・その他)
  • 違約金・損害賠償
  • 契約の内容・その他特約
  • 二重売買/転売/他人物売買
  • 目的物の特定
  • 数量・面積
  • 瑕疵(土地・建物・権利・制限・他)
  • 所有権・占有権の主張・対抗
  • 売買と賃貸借契約との関係
  • その他
借家に関する判例
  • 賃借権の成立・対抗力
  • 敷金・保証金・権利金
  • 契約の特約/敷引・更新料特約/法定更新
  • 家賃の改定
  • 契約解除(正当事由・建物朽廃・合意)
  • 契約解除(家賃不払)
  • 契約解除(借主の変更・無断転貸)
  • 契約解除(その他違約)
  • 原状回復
  • 定期借家契約
  • サブリース契約
  • 一時使用の賃貸借/使用貸借
  • 公営住宅・社宅
  • 貸主の変更と借主との関係
  • 転借人との関係
  • 貸主修繕義務・費用償還請求
  • 造作買取請求
  • 家賃等の支払義務・供託
  • その他貸主の義務
  • その他借主の義務
  • その他
借地に関する判例
  • 借地権の成立・対抗力
  • 敷金・権利金/更新料
  • 地代の改定
  • 更新・建替・譲渡承諾・建物買取請求
  • 特約の効力
  • 契約期間・建物朽廃と更新・終了
  • 契約解除(正当事由)
  • 契約解除(地代・更新料不払)
  • 契約解除(無断譲渡・転貸・増改築・その他違約)
  • 契約解除(合意解約・その他)
  • 一時使用の賃貸借/使用貸借
  • 貸主の変更と借主との関係
  • 転借人との関係
  • 地代支払義務・供託
  • その他貸主の義務
  • その他借主の義務
  • その他
宅地建物業法に関する判例
  • 宅地建物取引業法の適用の有無
  • 報酬・媒介契約
  • 宅地建物取引業保証協会
  • 宅建業者等の説明義務
  • その他
区分所有建物に関する判例
  • 専有・共用の区分/区分所有の成立
  • 管理組合・管理規約/管理費・修繕費
  • その他
相隣関係に関する判例
  • 通行権・建築基準法上の道路
  • 地役権・占有権
  • 建物建築等に関する紛争
  • 隣地との境界・越境・目隠し等の紛争
  • 騒音・ペット/その他
担保権等に関する判例
  • 抵当権の設定・消滅・範囲・物上代位
  • 抵当権の実行と賃借人との関係
  • 抵当権実行の妨害とその排除
  • 法定地上権
  • 競売・配当手続
  • 譲渡担保・代物弁済・仮登記担保
  • 質権・留置権
  • その他
その他
  • 開発・建築確認・その他公法規制
  • 土地区画整理・土地改良
  • 土地収用・補償
  • 農地法
  • 登記請求・手続/司法書士等の責任
  • 登記の効力・対抗力
  • 請負契約/建築業者等の責任
  • 融資預金等/金融機関の責任
  • 税金(所得税・相続税等)/税理士の責任
  • 固定資産税・不動産取得税
  • 弁護士法/弁護士の責任
  • 代表者・使用者等の責任
  • 遺言・遺贈・遺留分減殺請求
  • 相続・贈与
  • 共有
  • 入会権・町内会・組合
  • 連帯保証・連帯債務
  • 取得時効
  • 消滅時効・除斥期間
  • 消費者契約法・特定商取引法
  • 利息制限法
  • 工作物責任・火災責任/保険
  • 不法占有・不法侵入
  • 反社・暴排
  • その他

「裁判官の判断をシミュレーション?-人間の推論をコンピュータで実現」国立情報学研究所

裁判所
公正取引委員会
国土交通省
RETIO

タイトルとURLをコピーしました