OTC医薬品のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

OTC医薬品のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

厚生労働省公式サイトでも開会されている内容です。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、(2017年)平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

セルフメディケーション税制(自主服薬)の大綱

セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)の創設
適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一 定の取組(※1)を行う個人が、(2017年)平成29年1月1日から(2021年)平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一に する配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品(※2)の購入の対価を支払った場合において、その年中 に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する。
(※1)特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診
(※2)要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品
(類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象外のものを除く。)
(注)本特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除の適用を受けることができない。
※セルフメディケーションは、世界保健機関(WHO)において、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されている。

制度の内容

対象となる医薬品(医療用から転用された医薬品:スイッチOTC医薬品)について
・スイッチOTC医薬品の成分数:85(平成30年10月30日時点) - 対象となる医薬品の薬効の例:かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬 、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬
(注)上記薬効の医薬品の全てが対象となるわけではない

本特例措置を利用する時のイメージ

参考:課税所得400万円の者が、対象医薬品を年間20,000円購入した場合(生計を一にする配偶者その他の親族の分も含む)
■8,000円が課税所得から控除される 医療費控除費算出計算方法(対象医薬品の購入金額:20,000円-下限額:12,000円=8,000円)
■減税額
・所得税:1,600円の減税効果(控除額:8,000円×所得税率:20%=1,600円)
・個人住民税:800円の減税効果(控除額:8,000円×個人住民税率:10%=800円)

スイッチOTC医薬品有効成分リスト

平成30年10月30日時点
スイッチOTC医薬品については、「租税特別措置法施行令第二十六条の二十七の二第二項の規定に基づき厚生労働大臣が定める一般用医薬品等」(平成28年厚生労働省告示第178号)においてその有効成分を定めているところであり、その有効成分は以下の通り
アシクロビル
アシタザノラスト
Lーアスパラギン酸カルシウム
アゼラスチン
アモロルフィン
アルミノプロフェン
アンブロキソール
イコサペント酸エチル
イソコナゾール
イソチペンジル(歯痛・歯槽膿のう漏薬に限る。)
イブプロフェン
イブプロフェンピコノール
インドメタシン
ウフェナマート
エキサラミド
エコナゾール
エバスチン
エピナスチン
エプラジノン
エメダスチン
オキシコナゾール
オキシメタゾリン
オキセサゼイン
カルボシステイン
クロトリマゾール(膣ちつカンジダ治療薬に限る。)
クロモグリク酸
ケトチフェン
ケトプロフェン
ゲファルナート
シクロピロクスオラミン
ジクロフェナク
シメチジン
ジメモルファン
スルコナゾール
セチリジン
セトラキサート
ソイステロール
ソファルコン
チオコナゾール
チキジウム
チメピジウム
テプレノン
テルビナフィン
トラニラスト
トリアムシノロンアセトニド
トリメブチン
トルシクラート
トロキシピド
ニコチン
ニザチジン
ネチコナゾール
ピコスルファート
ビソキサチン酢酸エステル
ビダラビン
ヒドロコルチゾン酪酸エステル
ビホナゾール
ピレンゼピン
ピロキシカム
ファモチジン
フェキソフェナジン
フェルビナク
ブチルスコポラミン
フッ化ナトリウム(洗口液に限る。)
ブテナフィン
プラノプロフェン
フラボキサート
フルニソリド
プレドニゾロン吉草酸エステル
ブロムヘキシン
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
ヘプロニカート
ベポタスチン
ペミロラストカリウム
ポリエチレンスルホン酸
ポリエンホスファチジルコリン
ミコナゾール
メキタジン
メコバラミン
ユビデカレノン
ラニチジン
ラノコナゾール
ロキサチジン酢酸エステル
ロキソプロフェン
ロペラミド
ロラタジン

セルフメディケーション税制対象品目一覧

<平成30年11月19日時点>
(PDF)
PDF 対象品目一覧[187KB]
PDF 成分名ごと品目数[21KB]

健康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取組)の証明方法について

この税制を利用するためには、その方が、その年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取組)を行い、確定申告書の提出の際に、当該取組を行ったことを明らかにする書類を添付又は提示する必要があります。必要書類については、下記参照。
PDF 一定の取組について[87KB]
【チャート】一定の取組の証明方法について[125KB]
証明依頼書
※チャートで別途証明依頼が必要とされている場合、必要事項をご記入のうえ、保険者や事業者に証明を依頼して下さい。
(保険者あて)[42KB]
(事業者あて)[41KB]

まとめ

OTC医薬品のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)控除を受けるためには、一定の定期健診を受診し、OTC医薬品のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)対象医薬品購入のレシートを保管。レシートにセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)対象製品が明記されている。申告の際、そのレシート等が必要書類となります。詳細は厚生労働省公式サイトをご覧くださいませ。
厚生労働省

Copyright iinop.com.All Rights Reserved.