ショッピングモールは近い将来衰退する可能性…

各国の文化などにより消費者の動向は当然変わります。

ここで少し、参考ですが、アメリカ合衆国では、すでに廃墟になっているショッピングモールが増加傾向にあります。
これはすでに有名な話しですので、多くの方がご存知かと思います。

Eコマース、ネットショッピングにより、ショッピングモールの存在意義がなくなっているということが理由の1つだと考えられます。

日本では、まだショッピングモールという存在意義や集客はまだあります。

しかし、日本はアメリカ合衆国の市場動向を受けやすいという考え方もできます。

そうすると、日本の市場に合うのかどうかという問題はあるにしましても、ショッピングモールという存在意義はどうなるのかということに非常に興味があります。

ショッピングモールがなくなったら、Eコマース、ネットショッピングでも良いのですが、すぐに商品が届かないというエリアの方も多いと思います。
しかし、これもすでに技術的には可能で、テスト動向でも問題がないということですが、無人の完全自走運転の移動式コンビニであったり、移動式のお店がすでに海外では普及しています。お店ではなくても、いろいろな輸送システム、デリバリーシステムはすでに構築済みです。

かなり前のもので、有名なので、ご存知の方も多いとは思いますが。例えば・・・

現在日本の企業で、利益を上げている企業の多くは、多くのデータを調査したり、実際に実社会の動向を見たりなどをしましても、すでに内需ではなく、外需による利益である場合が多いように感じます。

かつての日本の大企業の利益は、日本の法人ではなく、海外の支社の開発や技術による売り上げで成り立っている企業も少なくないように感じます。

日本市場の今後の動向がどうなるのか。