スモールビジネスの備え

スモールビジネスへの備え

少しバイアスのようなものも入ってしまうかもしれませんが、批判ではないです。

スモールビジネスとは

スモールビジネス(Small business)と言いましても、単なる小さい会社、小さいビジネスという意味ではなく、少ない人数で、それぞれの特殊な技術を持った、小規模少人数で、専門性の高いビジネス見たいな感じです。例えが、わかりやすいかどうかはわかりませんが、日本でいうベンチャーは、世界的に使われているスタートアップで、ベンチャーキャピタルとなってしまうような感じとでも言えば良いのでしょうか。

すでに、優れた技術を保有した方たちは、起業して、コワーキングスペースなどで、事業を開始している方は多いです。
資金も少額資金で起業ができます。ちなみに、国家資格って何だろうと思ったり・・・。

スモールビジネスの準備のススメ

すでに、国家よりも巨大企業の方が大きくなっているように感じます。仮にスモールビジネスという道を選択しないとすれば、そういった巨大企業より技術的に上ではないといけないという感じです。早々に無理だと思いました。
現時点では、大手企業の方でも、どれくらいの人が生き残れるのか。特殊な技術を保有していなければ、早めにスモールビジネスへの切り替えをしておいた方良いような・・・。

一応、現時点で、大手企業にいたとしましたら、大手企業から、人件費削減することになると考えます。特にインターネットやコンピュータ関係のお仕事に従事しているのでしたら、そうならないとおかしいというのではないのかなあという感じです。

ちなみにわたしたちのコア事業、不動産事業の場合、公的機関である国土交通省大臣や都道府県知事などからの許認可が必要です。
不動産業(宅地建物取引業免許)開業のための免許を取得するだけで、約300万円(うち約60万円は担保ですので、帰ってくるお金ですが、それ以外は、戻ってこない)必要。また、不動産業開業に関しましては、コワーキングスペースでの開業は不可で、必要な条件を満たしていないと、許認可がおりません)。
このコンテンツとしまして、変かもしれませんが、例えば、Linux、リーナストバルス氏のオフィスです。
Linus Torvalds Guided Tour of His Home Office The Linux Foundation

See inside the workspace of the world's most famous developer, Linux creator Linus Torvalds, in this rare, personal tour.

現時点で可能な技術

不動産業に限らずですが、現時点であらゆることを取り除いて、技術的なことだけを考慮して、すでに実現可能なこと。
たくさんありすぎますので、ざっくりとです。ご存知の方も多いとはおもいますが。

3Dプリンタ技術で3Dプリントでされた、完全自走運転。

3Dプリンタで3Dプリントで作られた、家です。3Dプリンター技術を使い、24時間で建築された家です。一軒家を、3Dプリンターを使って約4000ドル(約40万円強)で建築できてしまいます。

かなり前の動画ですが、移動式コンビニ、移動式ストアWheelys Moby Mart。こちらは中国の技術。行くというより、お店が来るという感じですかね。すでにUberやUber Eatsなども。

テスラのPowerpackシステム。風力や太陽光などの再生可能な自然エネルギーから電気エネルギーを供給。

量子コンピュータやデータセンター。アルゴリズムなど。5G、IoTなどなど。それにしましてもGoogleさんは手が早い。

かなり前の情報ですが、国際NGOオックスファム(Oxfam)の報告で、8人の総資産が36億人の総資産と同じと。

タイトルとURLをコピーしました