なぜアマゾンに価格変更が起きていないのか…

アメリカ合衆国トランプ大統領によりはじまりました、中華人民共和国との所謂米中貿易戦争。

多くの人が感じていることを記事にしてみました。もはや記事にする必要もないかと思いましたが(^^;

「なぜアメリカ合衆国製品や中華人民共和国製品の価格に変動がおきていないのか??」

これは、正式に日本市場に米中貿易戦争の影響がわかりやすく始まっていないからと考えることもできますし、まだ正確なデータが出ていないからという考えもできるかと思います。短期的に薄利で数量を売るということも考えることができるかと思います。まだ短期的なので、中長期的な売上高は見えないという考え方は、当然できるとは思います。いろいろな想像をできるとは思います。

例えば、日本のユーザーも多いアマゾン(Amazon)。そんなアマゾンは、中華人民共和国製品の取り扱いは多い。当然アメリカ合衆国製品も多い。表向きにはわからなくても、製品の内部に中華人民共和国の技術や人手は入っています。

これは素朴な疑問ですが、恐らく普通に考えれば、誰しもが疑問に思うかもしれません。

情報を多く入れると、非常に疑い深くなります。これは個人差によるとは思います。

しかし、普通に考えてみて、日本市場への影響を防ぐためにどこかの誰かが動いているのか、それとも、どういったことが裏で起きているのか疑ってしまったります。事実はわからないので、結論を導くことはしません。イメージをしておきたいという感じです。

これは、以前書いたデータトリックで非常に興味深いです。

バックエンドを自分の脳を脳トリックで騙されないように、多くの情報や実社会の動向を具体的に見る必要があるように感じます。