スタッフの顔をWeb公開する企業に疑問

スタッフの顔をWeb公開に疑問

こちらもすでに削除済みで、かつてアップしていたWebに投稿した内容とほぼ同様です。

不動産業という仕事に関してのみではなく、他の事に関しましてもなのですが、企業などが社員やスタッフの顔写真や実名を半強制的に公開しているような企業があります。これをブラック企業の指標としています。

もちろん、企業の規模や社員やスタッフの人数などにもよるとは思います。

しかし、ある程度の規模の人数の社員やスタッフがいる場合、いろいろな意見があって然るべきだと考えています。
つまり、Webに自分の意志に反して自分のプライバシー情報を公開することを拒否することができないのかということです。

民主主義国家の日本の中にあって、点にすぎない一組織の中は、非常に閉鎖的だということです。

不動産業で言えば、女性に限らず、男性でも、非常に変な時間に物件を見たいということがありました。これは別の企業にいたときの話しです。しかも社員やスタッフは指名です。不動産業では、指名制はなく、当然相性の良し悪しがありますし、信頼関係がどこまでお客様と構築されているかなどということもあると思いますが、不審なコンタクトの場合、大体は突然コンタクトで、指名で来ることが結構稀にありました。

特に夜間の女性社員、スタッフの指名の場合がほとんどでしたが、その際は、女性スタッフに代わり、ご案内に行くということが何度かありました。度重なる男性社員とのコンタクトを試みる不審な人からのコンダクトの場合もありました。

結論から言いますと、不審に感じた反響の場合、100%ご成約に至らず、時には、他業者間からの情報で、どういった人物から不審なコンタクトがあったという情報があり、ほとんど実際にコンタクトした人に一致するということも多々ありました。

コンタクトの段階で、お客様の情報である程度の予測はつきます。それで何もなければ良いという感じです。

大体は、一度のコンタクトの場合が多いのですが、時には度重なる特定の社員やスタッフの指名の場合があった。
指名された社員やスタッフからは情報を共有していたため、そういった場合、毅然な態度を取るということです。

よく起業したての社長さん、代表さんが顔をアップしたりしています。これはうちにとりましては、理解ができない行動です。
よくわからない取材依頼みたいなものが多く入ります。もちろん断ります。

理由がわかりませんが、起業した人や共同創業者であれば、ご自身の自由ですので、顔を出しても出さなくても自由です。これは雇用者である社員やスタッフに強制または、半強制の企業も多いようで、理解ができないという感じです。

世界で戦っていこうという企業であれば、当然いろいろな意見があるはずだと思いますので、インターネット、Webサイトやアプリなどに実際の顔や実名を掲載したくないという意見があって自然だと考えております。

日本では、匿名性のものが多いので、時には信頼につなるという考えも理解できます。

そもそも自らの意思で、SNSなどへ容易に個人情報やプライバシーをアップし、データを与えるという時代でもあります。

もちろん自分の意思で顔や実名を出しているのでしたら、もちろん問題はないと思いますが、インターネットのリテラシーに関しまして、疑問に思うWebやアプリが多いように感じ、記事にしました。

結局は、そういった行為が、プラスになれば良いという感じです。